有限会社 四国美装

香川県にある本場の讃岐セルフうどん|讃岐うどん 元匠

商品カテゴリ

コンテンツ

メール会員登録

 

HOME»  意外と低カロリーなうどん

意外と低カロリーなうどん

香川県の人気の食べ物と言えば、さぬきうどんのイメージを持っている方も少なくありません。そんなさぬきうどんは、意外とカロリーが低いということをご存知でしたか?

ダイエット中でも食べられる?うどんのカロリー

蕎麦とうどんを比べると、何となく蕎麦がヘルシーのような気がしますが、実はうどんの方がカロリーが低いのです。蕎麦は100グラムあたり114キロカロリーなのに対し、うどんは100グラムあたり105キロカロリーと大きく異なります。粉の状態ではほとんどカロリーに差がないのですが、麺になると差が出るのは何故なのでしょうか。

それは、蕎麦の水分含有量が少ないのに対して、うどんは水分含有量が多いことが最大の理由です。茹でる前から水分を多く含んでいるため、茹で上がり後と変化が少なく結果的にうどんの方がカロリーが低いということになります。可能な限り食事のカロリーを抑えたいのであれば、うどんをおすすめします。しかし、うどんがダイエットにおすすめな理由はカロリーよりも炭水化物の量にあります。

うどんの炭水化物量

同じ小麦粉から作られているフランスパンや食パンは、100グラム中の炭水化物が約46.7~57.5グラム、中華麺やスパゲティー、蕎麦は26.0~38.4グラム、白米や玄米などは35.6~37.1グラムも含まれています。それに対し、うどんは21.6グラムと炭水化物量がとても少ないのです。また、うどんの中でもコシがあり食べ応えのあるさぬきうどんは特におすすめです。

さらに、消化の良いさぬきうどんは、体調不良の時や運動前のエネルギーチャージしたい時にも一時的に栄養補給をしてくれます。さぬきうどんが他のうどんと違うところは、コシが強いために消化のスピードを遅らせて分解吸収もゆっくりになり、カロリーを蓄積するよりも消費する量が増えるとされている点です。また、コシがあり噛む回数も増えることで、より満腹感を得ることができます。

本場の半生さぬきうどんお取り寄せしたい方は、香川県にある元匠をご利用ください。元匠では、半生麺のさぬきうどんをリーズナブルな価格で購入することができます。半生さぬきうどんなので、生麺よりも長期保存することができ、贈り物としてもおすすめです。