有限会社 四国美装

香川県にある本場の讃岐セルフうどん|讃岐うどん 元匠

商品カテゴリ

コンテンツ

メール会員登録

 

HOME»  讃岐うどんの歴史

讃岐うどんの歴史

私たちにとって麺類はとても身近な食材で、手軽に調理して食べることができます。麺類といっても多くの種類があり、中でも讃岐うどんは小さなお子様からお年寄りまで、多くの人に愛されています。冷たいまま食べても良し、温かい出汁でも良し、天ぷらやネギ、肉などの様々なトッピングで美味しく召し上がれます。そんな讃岐うどんの歴史をご存知でしょうか。

こちらでは讃岐うどんの歴史をご紹介します。

讃岐うどんとは

讃岐うどんは、あっさりした出汁とコシのある麺が特徴の香川県の特産品です。消化が良いという特徴があり、体調を崩してしまった時や食欲がない時にもおすすめの食品です。全国生麺類公正取引協議会により、香川県内で製造されたもの、加水量40%以上、加塩量3%以上、熟成時間2時間以上、15分以内で茹で上がるもの、以上の5項目を満たしたものを讃岐うどんとする、という表記基準が定められています。

讃岐うどんの誕生

讃岐地方は降雨量が少ないこともあり、干ばつによる被害がたびたび発生していました。農作物への影響は大きく、安定的な米の生産ができないのが現状でした。貧しい生活を強いられる中、米の代わりに作られていたのが麦です。この麦を使って讃岐地方の人々はうどん作りに励み、現在のさぬきうどんの形へと発展していきます。また、讃岐うどんの歴史には、真言宗の僧であった弘法大師空海も関係していると言われています。中国へと渡った空海はそこでうどん作りの技術を学び、その技術を故郷の人々に広げたと伝えられているのです。

庶民の生活に浸透していったうどん食文化は、味付けにも変化が見られます。元々は、現在のようなカツオだしと醤油で味付けした汁ではなく、味噌で味付けした味噌煮込みうどんが中心だったそうです。その後、醤油の全国的な広まりに合わせて人々の食生活に取り入れられ、うどんの汁にも使われていきます。今では地域によって薄味や濃い味など、それぞれ味付けも異なります。

元匠では、人気の讃岐うどんを通販にてご提供しております。化粧箱入りの半生讃岐うどんセットは、お中元やお歳暮などの贈答用にもおすすめです。美味しい讃岐うどんをお探しの際は、お気軽に元匠の通販をご利用ください。