有限会社 四国美装

香川県にある本場の讃岐セルフうどん|讃岐うどん 元匠

商品カテゴリ

コンテンツ

メール会員登録

 

HOME»  讃岐うどんの特徴

讃岐うどんの特徴

香川県発祥の讃岐うどんですが、現在では香川県だけでなく全国各地で販売され、通販でも本場の味を楽しめるようになりました。香川県で作られている讃岐うどんには、他で作られたうどんにはない特徴があります。そんな讃岐うどんの特徴についてご紹介します。

コシの強さ

讃岐うどんの1番大きな特徴は、何と言ってもコシの強さにあります。讃岐うどんのコシとは、口に入れた際に柔らかく、噛むともちもちとしていることが特徴です。この独特のコシは生地の加水量の多さと、足踏み作業によって引き出されるグルテンの弾力から生まれます。また、塩水を加えることで小麦のタンパク分解酵素の働きを弱め、生地ダレを防ぐことも強いコシを生む秘密です。

半生讃岐うどん

讃岐うどんには生麺・乾麺とも違う、半生麺を使った半生うどんもあります。半生麺とは、小麦粉と塩水を練り合わせた麺を加熱空気で乾燥させ、乾麺よりも高い水分量をとどめた麺のことです。生麺を乾燥することで起こる欠点を取り除いた麺で、生麺より長期保存ができ、乾麺より小麦粉本来の風味が維持されています。半生讃岐うどんも子どもから大人まで、幅広い世代で人気があります。

様々な食べ方

かけうどん、ぶっかけうどん、ざるうどん、釜あげうどんなど、讃岐うどんには複数の食べ方が存在します。この中でもぶっかけうどんは代表的な食べ方で、ざるうどんのつけ汁を薄めて濃縮し、そのままうどんにかけて食べるのが特徴です。天ぷらや玉子をのせたり、温かい麺だけでなく冷たい麺で食べたりなど、ぶっかけうどんひとつだけでも様々な食べ方があります。

元匠では香川県だけでなく、関西圏の方にも人気のある本場の半生讃岐うどん通販にて扱っております。半生麺は生麺よりも保存できる期間が長いので、長期間にわたって讃岐うどんの味を楽しむことができます。また、通販だけでなく香川県にある店舗では、セルフにて自家製麺を使ったうどんをリーズナブルな価格で食べることができます。香川県にお越しの際には、ぜひ元匠をご利用ください。